はじめに

アレルギー

膠原病

ヘルペス

成人病

その他の症状

この手記を印刷する 論文『クローン病の完治の理論と証拠』を読む

「クローン病手記」

匿名希望 28歳 2013年4月9日

 私がこの病になったのは22歳の夏頃でした。 はじめは少し腹痛がするくらいでしたが、次第に腹痛が強まり、半年後には全身倦怠感をともない腸閉塞までおこしてしまいました。 地元の病院に入院し腸閉塞の処置を施した後は嘘のように腹痛はおさまりましたが、検査を重ねていきこの病であると診断されました。

 数ヶ月後、退院する頃には腹痛もほぼなくなりましたが、この病の特性から病院の先生からは厳しい食事制限、成分栄養剤のエレンタールと毎日食後のペンタサを処方されそれを服用しておりました。 しかし退院した頃から腹痛はおさまっていましたので退院後しだいにエレンタールの摂取を怠けだし、毎食後のペンタサのみで生活をしていました。 不摂生な日が続くとせまくなった腸管に食べ物がたまり圧痛を感じることはありましたが、病を発症した時ほどの痛みや倦怠感はありませんでしたので、 この病気の患者にしてはあまりに怠惰な生活を送っておりました。

 食後の薬の服用と2ケ月に一度の通院、検査以外は健常者と全くかわらないこの状態は6年程続きました。 この病だと診断されたのは誤診だったのではないかと思わせるには十分な期間でした、しかしその頃くらいからか再度腹部に少しの違和感を覚え出しました。 腹痛は次第に強まり、耳鳴り、全身倦怠感がひどくなってきました。 数ヶ月後には仕事の時間以外は家でずっと横になり腹痛に耐えるだけの生活に、 食欲は当然のようになくなり、体重は通常時より10キロ落ちてしまいました。 腹痛がだんだんと酷くなっていくにつれ、私の『誤診だったのではないか』という甘い考えは消えなんとかこの痛みを抑えたいという気持ちにさせました。 通常であれば通院していた病院でヒュミラやレミケードといったものを使用するのがこの病の第一の対処方法なのだと知ってはいたのですが (使用すればするほど効き目の薄くなるこれらの薬ですが、私はこの時点でペンタサのみしか服用しておりませんでしたので、 おそらくこれらの薬で症状を抑える効果は十分に期待できたと思われます。) 当時の私はどういうわけかこれらを使用するという考えになりませんでした。ちなみにこの当時私は松本医院の存在なんてまったく知りません。 以前テレビである芸能人の方が子供のアトピーを謎の中国人に処方してもらった漢方で根治させたというのを見たことを思い出し、 なんとなくインターネットで『クローン病 漢方』で検索をしてみました。 他の手記を書かれている方は何ページ何十ページも検索ページを探してやっと松本医院を見つけたという方が多いみたいですが 私は関西圏に住んでおりまして、松本医院ともそう遠くないからなのか検索ページの一番上に松本医院があがってきました。

 とりあえずサイトを訪れ自分と同じ病気の方の手記を読みました。 一人完治した方の手記、後は症状が大幅に改善した方の手記、だいたい読みましたが、まぁ完治なんて信じられません。 なんといっても国が難病に指定し医療費まである程度負担する程の病気なのです、そんな簡単に行く訳がないと しかし運がいいことに私の家は松本医院からそう遠くありませんでした。 試しに行ってみて、もしだめなら諦めようという気持ちでした。 このサイトに手記を残した方の誰よりも後ろ向きな気持ちです(笑) 手記に載っていた松本医院の業績は疑っていましたけどしかし指示された治療に対しては真剣に取り組みました。

 はじめに松本医院を訪れると、食前食後の漢方、漢方風呂を処方され、 定期的な鍼灸治療、1日3セット1回お灸を自分で行うように指示されました。 この病にかかわらず、長い間薬の服用を続けた人が漢方に切り替えると、 リバウンドというものが起こるそうですので 人によっては徐々にこれまで服用していた薬を減らしていき漢方薬を服用していくそうですが、 私はこの松本医院のサイトを見つけてからすぐに服用していたペンタサをストップして、松本医院に行ってからは漢方薬を飲んでいました。 すると飲み始めてから一週間くらいして3日間寝込む程の熱と全身倦怠感が起こったのです。 当時、家族に夏風邪をひいたものがいたのでそれがうつったのかもしれませんが今まで風邪で寝込むなどしたことがなかったので 今思うとあれが私のリバウンド反応だったのかもしれません。 このリバウンドらしきものがきっかけというわけではありませんが、 夜中痛みで目が覚める程の腹痛がまずおさまりました。 腹痛はまだありましたがましになってきたので食事もとるようになると、 耳鳴り、倦怠感も次第におさまってきました。 通院したときには松本医院で鍼灸を受け、 自分でもお灸を1日3セット1回おこないました。 徐々に良くはなってはいましたが劇的に変わることはありませんでした。 漢方の治療はすぐ効きだすこともあれば長く続けることでじっくり効きだすと どこかのサイトで見たのでそこは個人差だと思い治療を続けていました。 自分は松本医院の治療が効き出すのが比較的遅いほうかと思いながらも続けていましたが効き目がだいぶ良くなったと自覚できるような事がありました。 それは漢方風呂です。診察初日に飲む漢方と一緒に処方されてはいたのですが漢方風呂に入れる環境の準備が整うまで時間がかかり1ヶ月程できずにいたのですが、1週間に1回4~5時間入るようにしてからは腹痛がだいぶましになり体の倦怠感もずいぶんなくなってきました。 2月後には寝込んでいたのが嘘のように休日には外出もできるまでにもどっていました。

 はじめは疑っていた私ですが症状が改善し通院してみてよかったと思いました。 この手記を読んだみなさんにもお勧めをしたいですが私は特に“この病ではあるけれど特に症状がない方”に完治を目指して通院してもらいたいと思います。 現在は腹痛こそあれ通常生活を送れるようになっている私ですが、 松本医院に通いだして間もない頃にクローン病が原因の腸管合併症を患ってしまい現在も後遺症を抱えていてそちらを気にして体調管理をしないといけない状態です。具体的にはろうこうができてしまったのですが、こうなってしまうと外科的な手術かクローン病に有効でろうこうを閉じるのにも効果があるとされている ヒュミラかレミケード(松本医院ではこれらの投薬は免疫の観点からNGとされています。)に頼らざるを得なくなってしまいます。

 私は長期的に松本医院に通って徐々に完治に向かえばいいなと思っていました。 しかし腸管合併症(に限らないでしょうが)は症状が進行すると手遅れになる事もあるので今後の症状の進行によっては そういった最悪の状況を避けるためにこれらを服用せざるを得なくなるかもしれないのが今の悩みで、 私みたいに松本医院の治療を続けたいのにそれに相対する現代医療の処置を施さないといけなくなるという不安を抱えることなく 松本医院の治療に集中できるような状態で通院してもらえた方がいいから症状の軽い状態のうちに通院することを勧めたいのです。

 私含めこの手記を書いておられる方は症状が悪くなってから松本医院に通い症状がおさまった事を手記に書いておりますが、 私が勧めたい“この病ではあるけれど特に症状がない方”は松本医院に通いだしたところであまり酷い症状がないのだから その効果の程を実感できずに懐疑的になられるかもしれません。

 個人差があると思うので一概には言えませんが基本的に松本医院での治療方針に食事制限はありませんので 再燃を恐れて食事を制限なさっているのであればまずその必要がなくなります。 現に私は後遺症の関係で食べすぎには気をつけてはいますが食べる物の内容に関しましては特に制限せず食べております。

 私はまだ完治には程遠いのですが、6年の寛解期を経て一度再燃したのにそこからすぐにまた寛解導入に成功するとは思っておりませんでした。 症状のない方々ならペンタサ等を服用している期間が短ければ短いほど完治にかかる期間は短くなるでしょう。 罹患してしまえば特定疾患の保険が適用され治療とはほど遠い対症療法を受動的に施されてしまいがちなこの病ですが、 いま一度ご自身の病と向き合い、ご自身の責任にはなってしまいますがご自身が受けたい、受けるべき医療を選んでみてはいかがでしょうか。

この手記を印刷する 論文『クローン病の完治の理論と証拠』を読む

注目の手記・ブログ

「クローン病完治まで」 小西竜二 32歳

かあさんくまさんの松本医院のアトピー治療ブログ
 (2人娘はアトピっ子。「絶対に治る!」という主治医のコトバを信じ、ステロイドや抗アレルギー剤を使わず、漢方治療をはじめました・・・)

漢方科 松本医院について

ホームページについて

 アレルギーは医学部の教科書には、現代の医学では治らないと書かれています。何故、一介の開業医である私は治すことができるのに他のお偉い方々は治らないとおっしゃるのでしょうか?いずれにしても、私が如何に大声をあげてアトピ-やリウマチが治るといっても変人扱いされるだけでしょうが、ここに証拠をお見せしましょう。ここで紹介される患者さんの手記は、巷に出ているノンフィクションの本よりも遙に感動的であり、今アトピ-や喘息やリウマチと戦いつつある患者さんの皆さんに大きな励ましとなるでしょう。このホームページを読めば、体の中で起こっている自然の正しい免疫反応を抑制してはいけないのに、見せかけだけを良くするために抑制して生じた薬害の後始末をすることが私の主な仕事となり、完治するのはアトピ-やリウマチだけではなく、同時に他のアレルギ-(アレルギー性鼻炎やアレルギー性気管支喘息やアレルギー性結膜炎)が全て消失してしまうのもお分かりになるでしょう。

 患者さんが経験された厳しい症状などについて医学的な意味付けが赤字でコメントしているものもありますから、私のアトピ-やリウマチの治療法がさらによく理解できると思います。何回も読み返してください。この記録から、ステロイド・抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤・抗炎症剤の免疫抑制剤が一時的に症状を良くしても、結局は見せかけの治療薬に過ぎないことが理解され、とりわけステロイドの乱用によりステロイド皮膚症になった人が、いかにステロイドから脱却し、最後はアトピーやリウマチを治しきってしまうこともお分かりになるでしょう。 

アトピー・リウマチをはじめ、全てのアレルギー・膠原病の治療において、一切ステロイドを使いません。

 それは、ステロイドをはじめとする免疫抑制剤を使っている限り、アトピー(アレルギー)やリウマチなどの膠原病はもとより、全ての病気を治すことができないからです。また、私は何も漢方で治しているのではなくて、正しくは漢方を使って免疫を上げて、患者の免疫を高め続けることによって、自分でクラススイッチをしたり免疫寛容を起こさせたりする手助けをしているだけなのです。漢方が治したり、私が治したりしているのでもなく、あくまでもあらゆる病気は自分の免疫で治しているのです。

漢方治療中(治療中でなくても)、市販の風邪薬は飲まないでください。

 市販で売られている、もしくは他医院で処方された風邪薬の中には、抗ヒスタミン剤や、抗アレルギー剤が含まれています。とりわけ、小児用の風邪薬の中には、必ず、ぺリアクチンという抗ヒスタミン剤が入っています。私のアトピーや花粉症の患者さんの治療が、なぜか長引いてしまうことが時にありました。この方々は風邪を引くたびに、このぺリアクチンの入った市販の薬を服用していた患者さんたちであることがわかりました。これらの風邪薬は、鼻水や鼻づまりなどの見かけの症状を取りながら、同時に、本来のアレルギーを抑制しています。風邪が治ったあと、必ずリバウンドが繰り返され、アトピーをはじめとするアレルギーやリウマチの完治が遅れますので、服用しないでください。

松本医院の「なぜ」

病気とは何でしょうか?

 病気とは、人体に不必要な異物が侵入してきたときにそれを排除しようとする正しい免疫の働きに見られる症状のことを病気だといえば一番わかりやすいでしょう。となれば、病気とは否定的に捉えるのではなくて肯定的に捉えるべきものではないでしょうか?つまり否定されるべきものは侵入してくる異物であり、病気そのものではないのです。言い換えると異物が人体に侵入しない限り、免疫の働きは行使される必要はないのです。この世から人体に必要な5大栄養素と水と空気以外の異物が存在しなければ、病気は絶対に起こらないのです。言い換えると、病気を起こす原因は人体に不必要な異物なのです。

 それでは異物には何があるでしょうか?2種類しかありません。ひとつは、病原細菌であり、ウイルスであります。これらはワクチンと抗生物質で征服されてしまいました。つまり、間単に殺すことができるようになったのです。このために人類の寿命は飛躍的に延びました。ふたつめは何でしょうか?まさに近代化学が作った化学物質であります。この化学物質が人体に侵入したときに、それを排除する免疫の働きの症状がアレルギーとなるのです。

アレルギーとは何でしょうか?

 アレルギーとは環境汚染物質を体内から排除する働きであります。何故アレルギーは増えたのでしょう?環境を汚染する農薬をはじめとする化学物質が極めて多く作り出されるようになったからです。実はリウマチもアレルギーのⅢ型であります。

膠原病とは何でしょうか?

 膠原病はアレルギーと同様、環境汚染物質という同じ敵を排除しようとしています。ただ、膠原病はIgG抗体を用い、アレルギーはIgE抗体を用います。つまり武器を変えて戦っているだけの違いなのです。

アレルギー・膠原病はなぜ治るのでしょうか?

 敵は無限に存在する化学物質や環境汚染物質であり、味方はアレルギーの場合は有限であるIgE抗体であり、リウマチの場合はIgG抗体やリウマチ関連抗体であります。排除しても無限に繰り返し入ってくる化学物質を永遠に排除することは不可能であり、有限は無限に絶対に勝つことはできないからです。ところが現代の医学は異物を排除しようとする免疫の働きを一時的に抑制するだけですから、IgE抗体やIgG抗体やリウマチ関連抗体が再び作り出されいたちごっこになり永遠に戦いが終わらないのです。従って免疫の働きを一切抑制せずにアレルギーの症状を楽にしてあげるだけで最後はIgE抗体やIgG抗体やリウマチ関連抗体が作られなくなるのです。これを発見したのは世界で私が初めてなのであります。これを自然後天的免疫寛容と名付けたのです。

リウマチの患者さんの家族の皆様に

 他医院で治療をされていない初期のリウマチは、「風邪よりも治すのが簡単である」と言っても過言ではありません。しかし、私の患者さんは当院に来られる前に間違った現代医学の免疫を抑制する治療を受けて来られる方がほとんどです。従って、私の治療を始めると、間違って受けてきた治療の度合いに応じて、多かれ少なかれ必ずリバウンドが出現し、それに伴い、痛みが増強します。大量のステロイドを注射されたり飲まされてきた人、長期に渡って他の病院でリウマチ治療を受けてきた人は、激しい痛みのために、自分自身の身の回りの世話が不可能になる事態もしばしば遭遇します。

 そのために、私の治療を受け続けるには、絶対に家族の協力が必要となります。ところが、遠方から来られる方や、お年寄りの方の中には、リウマチ治療の困難さを全く理解せずに、すぐにリウマチが治ると思って気軽に一人で受診される方がいます。実際の治療の困難さや、具体的な私の治療法、何より私自身を知ってもらうためにも、初診時には必ず家族の方と一緒に来て下さい。また、患者さんはもちろん、家族の方も私のホームページに記載されている理論とその証拠である手記を繰り返し読み、私の理論と治療法を理解してから来て下さい。

 また漢方薬だけでは絶対にリウマチを治すことは出来ないのです。他の免疫を上げる鍼・お灸・漢方風呂などを総動員して初めて徐々に免疫は回復し、上昇し、最後はクラススイッチし、自然後天的免疫寛容となるのです。

松本医院について

患者さんの手記を読む

リンクサイト