はじめに

アレルギー

膠原病

ヘルペス

成人病

その他の症状

この手記を印刷する 論文『クローン病の完治の理論と証拠』を読む

「クローン病 完治に向けて」

匿名希望 30歳 2013年5月19日

はじめに

 

 私は、松本医院に通い、漢方・鍼灸治療を受けてからクローン病が良くなるまで約3年かかりました。他の方の手記を読んでいると半年で良くなった方や早い方であれば3か月で良くなった方もいると思います。私は良くなるまでかなり時間がかかっています。このように時間がかかっている方は私以外にもたくさんいらっしゃると思います。そのような方に是非、この手記を読んで頂きたいです。そしてあきらめないでほしいです。いつも松本先生からは「ストレスためたらあかんよ、オーバーワークしたらあかんよ、絶対治るからな、治すのは俺じゃないよ。お前やで、お前自身の免疫力やで」と言われていました。私は、ストレスを溜めない生き方・考え方になかなかシフトできないでいました。しかし、松本先生のクローン病の完治の理論と根拠を信じ、言葉を信じ、漢方・鍼灸治療を続け、ストレスを溜めない生き方・考え方になろうと努力し続けました。そして今、「完治」という文字が見えてきました。

 

始まりはお尻に血

 今振り返ると、始まりは3年前のことだったと思います。就職して4年が経とうとしていた時でした。仕事では、上司から大きな仕事を任される一方、 部下の指導や日々の仕事に追われ、夜遅くまで残業をするといった日々が続いていました。プライベートでは3か月後に結婚式をひかえ、会社の誰を呼ぶだの、誰に挨拶してもらうだの、二次会はどうするだの、準備で忙しい毎日でした。始まりは朝、いつものようにトイレに入り、大便をして、ティシュでお尻を拭いたときでした。十円玉くらいの大きさの血がついていました。初めての出来事だったので驚きましたが「たまたまやろ」と思い、気にせず過ごしていましたが、毎日血がティッシュにつくようになり、だんだん大便後にお尻が痛いといった症状がでるようになってきました。そして結婚式を1か月後にひかえたある朝、トイレに入り、大便をした後、お尻に激痛が走り、便座から立ち上がることができなくなってしまいました。その時、初めて「これはまずい」と思い、大腸肛門を専門とするA病院を受診しました。担当して頂いた医者からは「痔ですね、飲み薬と塗り薬を出しておきますから様子みてください」と言われました。しかしその後、お尻の痛みは悪化し、体重も低下していきました。再度受診したときは、お尻を触られるだけで激痛が走りました。医者から「手術してお尻の中を見てみないとわからない、手術しましょう」と言われました。結婚式を2週間前にひかえており、早く治したかったので訳も分からず、手術を受けました。めちゃくちゃ痛い下半身麻酔の注射を打たれ、手術した結果は、「肛門周囲膿瘍」いわゆる痔ろうでした。手術後、お尻の痛みは無くなり、無事、結婚式をすることができました。

クローン病発症

 しかし結婚式を終えた1週間後、新婚生活を始めたばかりの頃でした。 再びお尻に激痛が走り始めました。その時は「えっ、もう治ったのじゃないの!?何でまた、手術失敗?」と思いました。再度A病院を受診すると、即入院、手術でした。手術後、医者から「痔じゃなくて、クローン病の疑いがある。いくつか検査を受けてください」と言われ、検査を受けました。その後、医者から言われた診断名が「クローン病」でした。医者は「まあ、死ぬ病気じゃないからね、うまく付き合っていくしかないね。でもまた手術しなきゃいけないときもあるよ。30年くらいしたら症状はましになってくるよ」と相手の気持ちを考えず、さらっと言われたことを覚えています。その後、ペンタサという薬を大量に処方され、レミケードという免疫抑制剤の点滴も勧められました。しかしペンタサだけ処方してもらうことにしました。病院の待合室の椅子に座り、こんなことを考えました。「新婚でこれから妻と二人で楽しい生活を送るはずが、クローン病という難病になり、妻に迷惑をかけることになる。妻の両親に申し訳ない。自分の両親にも心配をかける。働けなくなったらどうしたらいいのだろう、妻に迷惑をかけ、苦労もかける。離婚したほうが妻のためにもなるし、ご両親にも心配かけないですむのじゃないか」そんなことを考えながら悲しく情けない気持ちになりました。しかし妻は、「大丈夫だよ」といつも嫌な顔ひとつせず、笑顔で寄り添ってくれました。ペンタサを飲み始めてから5日後くらいから、朝起きると体がだるくなり、毎日37~38℃の熱がでるようになりました。下痢が続き、体重は15キロ以上も痩せていきました。クローン病は、調べれば調べるほどつらいことや悲しいことしか書かれておらず、泣きながら何か良い治療はないかインターネットで探していました。そのとき、もしかしたら誰か治した人がいるかもしれないと思い「クローン病 完治」と検索しました。そして小西竜二さんの「クローン病完治まで」という手記、そして松本医院にたどり着きました。わからないながらも用語を調べながら松本先生のクローン病の完治の理論と根拠を何回も読みました。そして、今までやってきた治療では治すどころか、どんどん体を悪くしてしまうことに気づき、松本先生が述べる漢方・鍼灸治療こそが本当の意味での病気を治すことであるとわかりました。

松本先生との出会い

 

 初めて松本医院を受診し、松本先生とお会いしたときのことを今でもはっきり覚えています。「必ず治る、大丈夫や。治すのは君やで、君の免疫や、よく来た。遠くからありがとう」と言いながら笑顔で力強く握手して頂きました。 生きていくことへの希望が生まれた瞬間でした。松本先生から勇気をもらいました。その日から食前食後の煎じ薬、足・お腹・背中の3か所のお灸、受診時の早田先生の鍼灸治療が始まりました。煎じ薬の一口目の味は、魚のはらわたを10倍くらい苦くしたような味がしました。つらいでしたが、飲んだ直後に飴をなめることで苦味が緩和されるため、この方法で飲み続けました。3日ぐらい飲み続けたときでした。39℃の高熱が4日くらい続きました。しかしその後、今までに感じたことがないくらいに体が軽くなり、食欲も出てきました。 徐々に足や腕がかゆくなり、アトピーが出始めました。炎症反応も4→2に下がりました。松本先生がおっしゃるクラススイッチが少しずつ始まったのです。よし、これで治ると思いました。しかしその後、症状は少しずつ軽くなるものの、下痢や腹痛、夕方からのだるさや微熱はなかなか治まることがなく2年が経過しました。松本先生からは「ストレス溜めすぎや、仕事は適当にしとかなあかんで、真面目すぎるねん」といつも言われていました。

生き方・考え方を見直すこと

 この頃、確かに仕事での人間関係にストレスを感じる日々が続いていました。仕事は早く終わるものの、上司や部下に気を遣ったり、イライラしたりすることが絶えない日々で、家に帰っても、仕事のことを思い出して腹が立ったり、嫌な気持ちになったりしていました。自分を見つめ直したとき、ストレスを感じすぎているから自分で自分の免疫を抑制していることに気づきました。 そして、「他人の言うことは気にしない」「仕事は適当に」「楽しく笑って行こう」この3つを意識して、少しずつ生き方・考え方を変えていきました。仕事では自分のできることはしっかりやって、できないことはできないと言うこと、 休みの日は妻と遊びに行ったり、美味しい食事に行ったり、友達と遊んだりしてリフレッシュすることを心がけました。そして何よりいつも笑顔でいることを心がけました。それから、だんだん下痢の回数が1日3回から2回へ、1回の日も出てくるようになりました。便も下痢から軟便、そして普通便の日も出てくるようになり、腹痛も知らぬ間になくなっていきました。夕方からのだるさや微熱も少しずつ緩和されていき、今では全くありません。

 

 遅いですが、今になって松本先生のおっしゃる「ストレス溜めすぎや、仕事は適当にしとかなあかんで、真面目すぎるねん」という言葉の本当の意味が分かった気がします。漢方と鍼灸治療で、自分の免疫力はどんどんあがるのですが、日々の生活でストレスを溜めこんでいてはこの治療の意味がなくなると思いました。自分の生き方・考え方を見直し、ストレスをできるだけ溜めない生き方にシフトすることが本当に大切なことだということを松本先生から教えて頂きました。

完治に向けて

   

 今、体調は、腹痛も体のだるさや微熱もありません。便は普通便や軟便の日がほとんどですが、ときどき下痢をします。回数は1日1回か2回です。 炎症反応は0.4まで下がりました。体重も病気になる前に近づいています。 毎日、普通に生活ができることに幸せを感じています。振り返ると、松本先生に出会わず、A病院での免疫抑制治療を続けていたらと想像するとゾッとします。おそらく何回も手術をして、体力はどんどん落ちていき、食べたいものも食べることができず、生きる希望もなかったと思います。現在、クローン病の症状はほとんどみられませんがまだ完治していません。これからも松本先生の言葉を信じ、ストレスを溜めない生き方を続けようと思います。完治はもうすぐそこまで来ています。今、クローン病で苦しんでいるみなさん、私に限らず他のたくさんの方の手記を読んでください。そして希望を持って松本先生のところへ行ってください。私も、小西竜二さんの「クローン病完治まで」という手記、そして松本先生の「クローン病の完治の理論と根拠」を読んで、松本先生のところへ行き、治療を受け、生き方・考え方を見直し、今、日々の生活に幸せを感じ、生きています。

 

 最後になりましたが松本先生をはじめ、鍼灸の早田先生、松本医院のスタッフの方々、本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

この手記を印刷する 論文『クローン病の完治の理論と証拠』を読む

注目の手記・ブログ

「クローン病完治まで」 小西竜二 32歳

かあさんくまさんの松本医院のアトピー治療ブログ
 (2人娘はアトピっ子。「絶対に治る!」という主治医のコトバを信じ、ステロイドや抗アレルギー剤を使わず、漢方治療をはじめました・・・)

漢方科 松本医院について

ホームページについて

 アレルギーは医学部の教科書には、現代の医学では治らないと書かれています。何故、一介の開業医である私は治すことができるのに他のお偉い方々は治らないとおっしゃるのでしょうか?いずれにしても、私が如何に大声をあげてアトピ-やリウマチが治るといっても変人扱いされるだけでしょうが、ここに証拠をお見せしましょう。ここで紹介される患者さんの手記は、巷に出ているノンフィクションの本よりも遙に感動的であり、今アトピ-や喘息やリウマチと戦いつつある患者さんの皆さんに大きな励ましとなるでしょう。このホームページを読めば、体の中で起こっている自然の正しい免疫反応を抑制してはいけないのに、見せかけだけを良くするために抑制して生じた薬害の後始末をすることが私の主な仕事となり、完治するのはアトピ-やリウマチだけではなく、同時に他のアレルギ-(アレルギー性鼻炎やアレルギー性気管支喘息やアレルギー性結膜炎)が全て消失してしまうのもお分かりになるでしょう。

 患者さんが経験された厳しい症状などについて医学的な意味付けが赤字でコメントしているものもありますから、私のアトピ-やリウマチの治療法がさらによく理解できると思います。何回も読み返してください。この記録から、ステロイド・抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤・抗炎症剤の免疫抑制剤が一時的に症状を良くしても、結局は見せかけの治療薬に過ぎないことが理解され、とりわけステロイドの乱用によりステロイド皮膚症になった人が、いかにステロイドから脱却し、最後はアトピーやリウマチを治しきってしまうこともお分かりになるでしょう。 

アトピー・リウマチをはじめ、全てのアレルギー・膠原病の治療において、一切ステロイドを使いません。

 それは、ステロイドをはじめとする免疫抑制剤を使っている限り、アトピー(アレルギー)やリウマチなどの膠原病はもとより、全ての病気を治すことができないからです。また、私は何も漢方で治しているのではなくて、正しくは漢方を使って免疫を上げて、患者の免疫を高め続けることによって、自分でクラススイッチをしたり免疫寛容を起こさせたりする手助けをしているだけなのです。漢方が治したり、私が治したりしているのでもなく、あくまでもあらゆる病気は自分の免疫で治しているのです。

漢方治療中(治療中でなくても)、市販の風邪薬は飲まないでください。

 市販で売られている、もしくは他医院で処方された風邪薬の中には、抗ヒスタミン剤や、抗アレルギー剤が含まれています。とりわけ、小児用の風邪薬の中には、必ず、ぺリアクチンという抗ヒスタミン剤が入っています。私のアトピーや花粉症の患者さんの治療が、なぜか長引いてしまうことが時にありました。この方々は風邪を引くたびに、このぺリアクチンの入った市販の薬を服用していた患者さんたちであることがわかりました。これらの風邪薬は、鼻水や鼻づまりなどの見かけの症状を取りながら、同時に、本来のアレルギーを抑制しています。風邪が治ったあと、必ずリバウンドが繰り返され、アトピーをはじめとするアレルギーやリウマチの完治が遅れますので、服用しないでください。

松本医院の「なぜ」

病気とは何でしょうか?

 病気とは、人体に不必要な異物が侵入してきたときにそれを排除しようとする正しい免疫の働きに見られる症状のことを病気だといえば一番わかりやすいでしょう。となれば、病気とは否定的に捉えるのではなくて肯定的に捉えるべきものではないでしょうか?つまり否定されるべきものは侵入してくる異物であり、病気そのものではないのです。言い換えると異物が人体に侵入しない限り、免疫の働きは行使される必要はないのです。この世から人体に必要な5大栄養素と水と空気以外の異物が存在しなければ、病気は絶対に起こらないのです。言い換えると、病気を起こす原因は人体に不必要な異物なのです。

 それでは異物には何があるでしょうか?2種類しかありません。ひとつは、病原細菌であり、ウイルスであります。これらはワクチンと抗生物質で征服されてしまいました。つまり、間単に殺すことができるようになったのです。このために人類の寿命は飛躍的に延びました。ふたつめは何でしょうか?まさに近代化学が作った化学物質であります。この化学物質が人体に侵入したときに、それを排除する免疫の働きの症状がアレルギーとなるのです。

アレルギーとは何でしょうか?

 アレルギーとは環境汚染物質を体内から排除する働きであります。何故アレルギーは増えたのでしょう?環境を汚染する農薬をはじめとする化学物質が極めて多く作り出されるようになったからです。実はリウマチもアレルギーのⅢ型であります。

膠原病とは何でしょうか?

 膠原病はアレルギーと同様、環境汚染物質という同じ敵を排除しようとしています。ただ、膠原病はIgG抗体を用い、アレルギーはIgE抗体を用います。つまり武器を変えて戦っているだけの違いなのです。

アレルギー・膠原病はなぜ治るのでしょうか?

 敵は無限に存在する化学物質や環境汚染物質であり、味方はアレルギーの場合は有限であるIgE抗体であり、リウマチの場合はIgG抗体やリウマチ関連抗体であります。排除しても無限に繰り返し入ってくる化学物質を永遠に排除することは不可能であり、有限は無限に絶対に勝つことはできないからです。ところが現代の医学は異物を排除しようとする免疫の働きを一時的に抑制するだけですから、IgE抗体やIgG抗体やリウマチ関連抗体が再び作り出されいたちごっこになり永遠に戦いが終わらないのです。従って免疫の働きを一切抑制せずにアレルギーの症状を楽にしてあげるだけで最後はIgE抗体やIgG抗体やリウマチ関連抗体が作られなくなるのです。これを発見したのは世界で私が初めてなのであります。これを自然後天的免疫寛容と名付けたのです。

リウマチの患者さんの家族の皆様に

 他医院で治療をされていない初期のリウマチは、「風邪よりも治すのが簡単である」と言っても過言ではありません。しかし、私の患者さんは当院に来られる前に間違った現代医学の免疫を抑制する治療を受けて来られる方がほとんどです。従って、私の治療を始めると、間違って受けてきた治療の度合いに応じて、多かれ少なかれ必ずリバウンドが出現し、それに伴い、痛みが増強します。大量のステロイドを注射されたり飲まされてきた人、長期に渡って他の病院でリウマチ治療を受けてきた人は、激しい痛みのために、自分自身の身の回りの世話が不可能になる事態もしばしば遭遇します。

 そのために、私の治療を受け続けるには、絶対に家族の協力が必要となります。ところが、遠方から来られる方や、お年寄りの方の中には、リウマチ治療の困難さを全く理解せずに、すぐにリウマチが治ると思って気軽に一人で受診される方がいます。実際の治療の困難さや、具体的な私の治療法、何より私自身を知ってもらうためにも、初診時には必ず家族の方と一緒に来て下さい。また、患者さんはもちろん、家族の方も私のホームページに記載されている理論とその証拠である手記を繰り返し読み、私の理論と治療法を理解してから来て下さい。

 また漢方薬だけでは絶対にリウマチを治すことは出来ないのです。他の免疫を上げる鍼・お灸・漢方風呂などを総動員して初めて徐々に免疫は回復し、上昇し、最後はクラススイッチし、自然後天的免疫寛容となるのです。

松本医院について

患者さんの手記を読む

リンクサイト