気管支喘息の根本治療法の論文を読む

気管支喘息とは?

そもそも気管支喘息とは何なのでしょう?それは言うまでも無く大気に運ばれた天然の、あるいは人工の大量の化学物質が気管支に侵入した時に、それを咳で排除しようとし、さらに気管支粘膜を収縮させて大気汚染物質を入れまいとして気管支が収縮し、息が苦しくなる症状が出現するのが気管支喘息であります。しかしながら異物を体外へ排除しようとする他のアレルギー疾患と比較して異なる点が2つあります。

 まず第一に気管支喘息は重篤度においては比較しようが無いくらいに重い病気といえます。毎年何年か前は日本では7000人の喘息患者が亡くなり、現在は3000人程度に減っています。これはなぜかについて説明しましょう。

 赤ちゃんがどのようにしてアレルギーになるかを見ていけばよく分かります。アレルギーで最初に出現するのは必ずアトピーです。アトピーの原因は母親の母乳に含まれる化学物質です。赤ちゃんは否が応でも毎日数回は生きる為に母乳を飲まざるを得ません。母乳の中の蛋白と結びついた化学物質を赤ちゃんの免疫システムが認識できるのは、生後2ヶ月~3ヶ月にかけてであります。この時期から赤ちゃんは本格的に自分の骨髄でIgG抗体やIgE抗体を作り始めます。このIgE抗体と結びついた化学物質が血流に乗って皮膚まで運ばれ、皮膚から排除されます。これがアトピーです。摂取された食べ物をわざわざ気管支の粘膜から出すことは絶対にありえないことなのです。皮膚で一旦炎症が起これば、炎症細胞を皮膚に集めるケモカインという情報が出され、どんどん皮膚に異物を排除するために免疫の全ての細胞が集まっていきます。ところがこのような皮膚の症状に対してステロイドを使用して皮膚の炎症を止めてしまっている時に赤ちゃんが風邪を引いたりすると、気管支の粘膜が傷つき、空気から入ってくる汚染化学物質が気管支の傷口に付着し、ここで新たにアレルギー性の炎症が起こり始めると、気管支に集まった様々な炎症細胞はケモカインを出して、さらに強いアレルギー性の気管支炎(気管支喘息)の症状が出やすくなるのです。

 もしアトピーの症状のほうがひどければ、そこに体内のアレルギーの炎症細胞が集まり続けるので、気管支の粘膜に傷があっても、そこにアレルギーの炎症細胞は行きにくいのです。気管支の粘膜の広さは皮膚の広さに比べて数百分の一ですから、異物を出す場所としては遥かに皮膚からのほうが出しやすいのです。従って喘息も最後は出しやすい皮膚での炎症、つまりアトピーに変えてしまえば傷ついた気管支の粘膜も正常に戻り、喘息も消えてしまうのです。

 正常な状態では気管支の粘膜が傷ついて大気汚染物質を引っ付け、アレルギーの炎症を起こすことはまずないので、風邪をきっかけにして風邪のウイルスが気管支に入り込むことによって初めて喘息が起こります。従ってアレルギーの赤ちゃんに喘息を起こさせないためには、風邪を引かせないことなのです。あるいは、風邪のウイルスを出来る限り早く殺し、気管支の粘膜に傷が付かないようにすれば喘息は起こらないのです。残念ながら風邪のウイルスを殺す薬はないので、結局は自分の免疫でやっつけていることに気づかない患者が多いのです。ただ漢方は免疫を上げることができるので、風邪のときは漢方煎じ薬さえすぐに飲めば風邪も治ってしまいます。

(風邪が万病の元と言われる根拠はいくつかあります。一つ目は、風邪のウイルスと戦っている間に手薄になった免疫の間隙をぬって新たなるウイルスや細菌が体内に入り込み、複合感染症を起こしやすくなること。二つ目は、今述べたように、風邪のウイルスで傷付いた気管支粘膜に気管支喘息を起こすアレルゲンが引っ付きやすくなり、喘息が起こりやすくなること。三つ目は、発熱や体力の消耗をきたし、食欲もなくなり、免疫を作る蛋白質などの栄養成分が減ることなどです。一言で言えば、結局は風邪を引いてしまうと、免疫の力が低下するために、感染症が起こりやすくなることです。怖い病気というのは結局感染症しかありません。感染症の中でも一番怖いのはウイルスです。ウイルスを殺す抗生物質は皆無です。ウイルスは自分の持っている原始的な先天免疫と後天免疫のリンパ球が作る抗体と、キラーT細胞でしかやっつけることが出来ないのです。)

 気管支喘息が他のアレルギーと異なる点は、喘息発作の為に気管支の収縮が生じ、空気が3分以上も吸入できなければ死に至ることです。また、副交感神経と交感神経を支配する自律神経が関与している点も異なるところです。気管支の収縮は90%以上は専らアレルギーが関与しているのでありますが、残りの10%は自律神経が喘息発作のきっかけを作っているようです。しかし基本的には異物を気管支から入れないために気管支が収縮して生じるアレルギーに、自律神経のアンバランスによる副交感神経の興奮によってもたらされる気管支の収縮が副次的に重なることが問題になります。(実際、喘息の発作は交感神経が身体を支配し、必要な酸素を取り入れるために気管支が拡張している活動の時間、つまり、労働したり緊張したり興奮したりしている時間内に起こるのではなくて、副交感神経が支配し、気管支が収縮し始める休息の時間、つまり仕事の後や休息中や睡眠中の酸素が不必要な時間に起こることがほとんどであります。)

 従っていずれにしろアレルギーの中で最初に治すべきものは生死に関わる気管支喘息であります。既に述べたように、気管支喘息が起こる気管支粘膜の広さはせいぜい数十平方センチメートルであり、アトピーが出現する3平方メートルの皮膚の広さに比べて数百分の一でありますから、アレルギーは元来皮膚に起こりやすいものなのです。これらの二つのアレルギーを持っている人の治療は極めて楽であります。というのは、一度IgE抗体を皮膚に使わせてしまうとそこで炎症が起こり、アトピーの症状がひどければひどいほど体内のアレルギーの炎症細胞やIgE抗体が皮膚に集中して使われてしまうので、気管支粘膜で使われる余地がますます少なくなり、それと共に気管支喘息の症状も減っていくからであります。

 何故気管支喘息は完治するのでしょうか?アレルギー性気管支喘息の患者は気管支の粘膜に侵入してくる汚染物質をわざわざ咳き込んだり、気管支を狭くして体内に入れまいとして体外へその異物を排除しようとします。異物である敵は無限に空気から入ってくる化学物質であり、それを排除する武器は有限であるIgE抗体であります。排除しても無限に繰り返し入ってくる化学物質を永遠に排除することは不可能であります。人間は生まれたときに、先天的に異物を排除する免疫反応を起こさせるヘルパーT細胞を持っています。ところが同時に人間は戦いをやめさせるサプレッサーT細胞をも持って生まれます。このサプレッサーT細胞はヘルパーT細胞に比べて遥かに少ないので、体内から異物が排除できなくなって、大量に組織に異物が蓄積されたときに、初めてこの異物がサプレッサーT細胞とやっと結びつくのです。異物と結びついたサプレッサーT細胞は、インターロイキン10やTGF-βというサイトカインを放出してヘルパーT細胞の働きを止めてしまうのです。このようにして異物との共存が可能となるのです。2007年に京大の坂口志文先生によってサプレッサーT細胞が発見されたので私の理論はますます確かなものとなったのです。

 有限は無限に絶対に勝つことはできないからです。いかなる戦いも永遠に続くわけではなく、勝つか負けるかで決着がつきます。環境を排除する戦いは、初めから人間の負けであることは分かりきったことです。負けて環境にひれ伏して共存させてもらうことしか人間の生きる道はないのです。ただ戦いの際に見られる気管支の症状を免疫を抑制せずに楽にするだけが一番重要であり、最後は気管支の粘膜中で起こっている異物を排除する気管支喘息の戦いは当然に人体の敗北に至ります。敗北と言っても良いし、共存と言っても良いのですが、いずれにしろ体の中でIgE 抗体がいずれ作られなくなってしまい、空気汚染環境との戦いに負けて環境と共存せざるを得なくなり、最後には症状は自然と消滅してしまうわけです。この原理を私は自然後天的免疫寛容と名付けています。実は人間の免疫の進化の過程で自然の環境の中に見出される天然の異物に対して、このような自然後天的免疫寛容を常に起こしてきたのです。だからこそあらゆる天然の化学物質に対して共存が可能となり、ほとんどの天然の化学物質とは接触したり食べたりしてもアレルギーを起こさなくなったのです。これを私は進化論的自然後天的免疫寛容と名づけています。

 ところでアレルギー性気管支喘息をアトピーやアレルギー性鼻炎・結膜炎とは全く別の疾患だと考えている患者さんが沢山います。現代の医療は器官別に分けられた標榜科目によって診察が異なるので、これらのアレルギーは全く別のものだと考えられがちです。しかしすでに述べたように本質は同じであり、ただ単に異物を吐き出す場所が違うだけです。

アレルギー性気管支喘息とアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎・結膜炎の治療というのは根本的には全く同じなのであります。ただ排除する場所が違えば症状が異なりますから、免疫を抑えずにそれぞれの症状を楽にする漢方煎剤の処方はその症状に応じて異なってくるだけです。

 なぜ漢方煎剤がアレルギーの全てを完治させるのかは、漢方煎剤は免疫を抑えないどころか免疫を刺激して免疫の働きを高めるからです。漢方煎剤の免疫亢進作用はその苦さにあります。古来から「良薬口に苦し」と言われる口に苦い成分が免疫を刺激しているからです。この原理を中国人が何千年もの前に経験的に発見できたのは、中国人が如何に優れた民族であるかを証明しております。

 ただ気管支喘息だけで長期に治療してこられた患者の治療はアトピーを合併した喘息患者ほど簡単ではありません。アトピーを合併している喘息患者は、現代の免疫抑制療法を止めるとアレルギーが一番出易い広い皮膚に炎症が起こり、アトピーがひどくなり、そこへ全てのアレルギーの免疫細胞やIgE抗体が集まり、皮膚で使われやすくなり、気管支にあった炎症細胞までもが皮膚へ皮膚へと移動して行き、ますます気管支で使われる免疫細胞やIgE抗体が少なくなって喘息の症状が出なくなってしまいます。

 一方、喘息だけの人は長期に渡って気管支に集合した免疫細胞の働きを抑制し続けてきたうえに、他の場所のアレルギーの炎症の抑制は起こらなかったので他の場所でリバウンドを起こしようがなく、炎症がいつまでも気管支の粘膜に限局されるので、IgE抗体は気管支でのみ使われる傾向があるからです。(このような喘息だけの患者も、遅かれ早かれアトピーも出現してしまうと喘息の症状が一挙に良くなることがあります。) とりわけステロイドの内服剤であるプレドニンやリンデロン (セレスタミン)を一度現代医学の喘息の治療で用いますと、なかなかこれらのステロイド薬を中止することが難しいのであります。それはプレドニンやリンデロンを止めるとリバウンド現象が出現し、喘息の症状が悪くなり、息が出来なくなったりして再びステロイドを用いざるを得なくなるからです。

 漢方煎剤は気管支を拡張することができるうえに、免疫を抑制する作用は全く無く、最後は自然後天的免疫寛容をもたらすことができます。(漢方煎剤が免疫を抑制しない理由を述べます。ステロイドを止めて漢方煎剤だけを用いると、初めは抑制されていたIgE抗体は必ず上昇して行きます。これは漢方煎剤が免疫を抑えていない証拠のひとつです。さらに漢方煎剤だけを使い続けると、最後に自然光天敵免疫寛容を起こし、自然に必ずIgE抗体が下がってくるのも漢方煎剤が人体の免疫の働きをヘルプしているだけで、抑制しているわけではないことを証明しているのです。詳しいことは理論を読んで下さい。) いずれにしろ漢方煎剤を飲み続けると現代の気管支喘息治療剤を止めることができ、さらに症状も楽になり、最後は喘息も完治してしまうのであります。

 ところで純粋に気管支喘息だけの患者さんは極めて少ないものです。ある意味では皆無と言っても良いくらいです。何故ならば気管支喘息の治療を子供のときにされると100%と言っても良いくらいにアレルギー症状はアトピーに変わってしまうからです。つまり気管支で炎症を起こさないような治療を続けると、気管支でIgE抗体が使われなくなり、もっと異物を排除しやすい皮膚のほうで使われアトピー性皮膚炎となるからです。(一度アトピーが起こると、狭い気管支でIgE抗体を使うよりも遥かに広い皮膚でIgE抗体を使うアトピーがアレルギーの主な症状となってしまうのです。従って喘息の手記は必然的にアトピーの手記と重なってきます。しかもアトピーの症状の方が見かけは重篤になるので喘息の部分の話はどうしてもアトピーの影に隠れてしまいます。さらに、漢方治療は喘息のほうがアトピーよりも遥かに楽であり、すぐに喘息の症状が消えてしまい、患者はアトピーだけの治療に専念している気になってしまい、すっかり気管支喘息が治ったことを忘れてしまうのです。

 最後に一言。気管支喘息の患者さんは、常に風邪を引かないように気を付けるべきです。風邪を引けば必ず気管支喘息が誘発されます。それはウィルスによって引き起こされたウイルス性気管支炎が一度起こるとその病巣へウィルスをやっつける免疫細胞以外に必ず同時にアレルギーを起こす炎症細胞も集合するからです。その結果、風邪のウィルスが排除され、風邪が治ってもそこに集まってきたアレルギーの細胞が毎日気管支に侵入してくる大気汚染物質を排除する為に、すぐに戦いを始められる準備状態が作り上げられるからです。

気管支喘息の根本治療法の論文を読む